信楽透器

今回は、今話題の「透ける陶器」のご紹介。
窯業試験場にて実物を見学させていただきました。
f0237626_18211557.jpg

f0237626_18213239.jpg


元来、光を通す磁器に対して、陶器は不透明で光を通さないもの。
今回陶土の配合技術の研究を重ねた結果、
従来の信楽焼の特徴を保ったまま、透過性のある陶土の開発に成功したそうです。

信楽透器の特徴は大きく以下の3つ。

3倍の透光性
厚みのある陶器でも充分に光を通す

成形性が良い
従来の陶器と同様、ロクロ・手びねり・鋳込みによる成形が可能。
また焼成時に熱変形しにくい他、釉がけも可能。

練り込みが可能
焼成時の熱膨張率や収縮率が一般陶土に近く、不透明な陶土との練り込みが可能。
→ストライプやマーブルといった新しい表現が可能。

伝統的な技術を活かしながら、現代のニーズに合った新たな開発にも挑む信楽焼。
今後「信楽透器」を使ってどんな商品が生まれていくのか…楽しみです。
[PR]
by lifeceramics | 2010-04-23 09:53 | リポート


信楽の窯元13社とデザイナー7名のコラボレーションにより、新しい「信楽焼」が約50種類生まれました。


by lifeceramics

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

信楽ライフ・セラミックス展?
展示概要
参加デザイナー
参加窯元
開発製品 NEW!!
リポート
アクセス
お問い合わせ

リンク

以前の記事

2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧